がんと運動全国キャラバン第10 回 「がんと運動」~いつでもどこでも+ちょっと運動から始めよう~@北海道大学 2024年5月25日(土)10:00~12:00

イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

がんと運動全国キャラバン第10 回 「がんと運動」~いつでもどこでも+ちょっと運動から始めよう~@北海道大学 2024年5月25日(土)10:00~12:00

5月25日 @ 10:00 AM - 12:00 PM

2023〜 2024 がんと運動全国キャラバン
~Move with Me!~
がん患者の運動について一緒に学ぼう!

患者さんやご家族、医療従事者、またがん患者を応援して下さる皆様と共に、がんになっても、体力をつけ、身体機能を改善し、
生活の質を向上させる方法を知っていただき、明日への希望につなぐプログラムを開催いたします。

がんの治療により、疲れやすくなったり、体力が落ちたりしていませんか。
体の一部が動きにくくなったり、痛みや倦怠感など、生活に支障が出ることもあります。
がん患者の皆様が、適度にからだを動かし、前向きに日常生活を過ごすことができるよう、
がんのリハビリテーション、がんの患者さんが自分でもできる運動など、
正しい情報を知っていただけるセミナーを開催致します。

(このサイトからのお申し込みが難しい方は、メール、電話での方法でも受付けております。
下記に連絡先を掲載しております。)

【2024年5月25日(土)第10回 札幌 開催のご案内】

「がんと運動」~いつでもどこでも+ちょっと運動から始めよう~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お申込はこちらから👉 https://movewithme20240525.peatix.com/view

第6回 会場参加 & youtube視聴

日時:2024年5月25日(土)10:00〜12:00 9:40開場

場所:北海道大学 学術交流会館 第3会議室

北海道札幌市北区北8西5
(正門より入って左側2棟目)

◯JR札幌駅北口より徒歩7分
◯ 地下鉄をご利用の場合
市営交通・地下鉄南北線
「さっぽろ駅」下車、徒歩8分、「北12条駅」下車、徒歩7分

アクセス方法はこちらもご参照下さい。

参加費: 無料

参加資格:がん患者さん、ご家族、医療従事者、運動に関わる方、などどなたでもご参加いただけます。
広く社会に知っていただくことで、がん患者の生活環境が向上します!

参加方法:

▶︎現地参加

▶︎オンラインYoutube
*前日に、視聴できるYoutubeサイトをメールにてお知らせ致します。

お申込方法:このサイトからお申し込みください。

このサイトからのお申し込みが難しい方は、以下の方法でも受付けております。

①メールにて、お名前、年齢、性別、携帯番号、ご住所、お立場(がん患者、医療従事者、など)をご記載の上、info@cancerfitness.jpまでお願いします。
できましたら、メールのタイトルを【がんと運動 全国キャラバン札幌参加希望】 でお願いします。

②電話でも承ります。
090-3239-3989 広瀬まで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
がんと運動全国キャラバンは、2023年6月より2024年8月まで、
月1回各都市にて開催してまいります。
(東京〜名古屋〜仙台〜神戶〜秋田〜愛媛〜沖縄〜⻄東京〜⻑崎〜札幌〜東川町〜福島〜福岡)

主催:一般社団法人キャンサーフィットネス
後援:日本がんリハビリテーション研究会・日本対がん協会・福島県理学療法士会
協賛:株式会社アデランス
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【開催スケジュール】

2024年5月25日(土)9:40開場
10:00~12:00

・・当日のプログラム・・

開会のご挨拶  広瀬眞奈美(一般社団法人キャンサーフィットネス代表理事)

1.講演「がんと運動」」~いつでもどこでも+ちょっと運動から始めよう~

中山 紀子先生 (手稲渓仁会病院リハビリテーション部)

2.一緒に運動してみよう!「日常の中でできる体力づくり」

広瀬 眞奈美(乳がんサバイバー、リンパ浮腫)

3.一緒に運動について考えよう!(お話会・自由参加)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご講演の中山紀子先生より

北海道医療大学(看護福祉学部)卒業後、2000年に医療法人渓仁会 手稲渓仁会病院 リハビリテーション部へ入社しました。
2008年より婦人科と胸部外科のがん患者さんに関わるようになり、2012年に慶應義塾大学大学院 医学研究科 修士課程入学(がんプロフェッショナルコース)、
2020年に同大学院の博士課程に入学、
現在は婦人科や泌尿器、血液内科を中心に臨床と研究に携わっております。
研究テーマは婦人科がん患者さんの術前後の筋力の変化と生活への影響、前立腺がん患者さんの手術後に生じる尿失禁が仕事の生産性に与える影響などです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
がんと運動全国キャラバンについて

がんの治療により、疲れやすくなったり、体力が落ちたりしていませんか。
体の一部が動きにくくなったり、痛みや倦怠感など、生活に支障が出ることもあります。
がん患者の皆様が、がんのリハビリテーションや、安全な運動の方法について知っていただくことで、自分でも適度にからだを動かし、体力を維持し、前向きに日常生活を送っていただきたいと、
辻哲也先生(慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室 教授)、日本がんリハビリテーション研究会にご協力いただき、このセミナーを開催することになりました。

2024年8月が最終になりますが、

ご希望があれば、開催を致します。

お問い合わせ下さい。

info@cancerfitness.jp

このキャラバンのキャッチフレーズは、Move with Me!(私と一緒に動こう!)

全国へ伺うキャンサーフィットネス代表理事である広瀬と一緒に、体だけでなく、心も頭も動かしてみませんか!

心やすらぐ楽しいひとときにしたいと思います。ぜひお気軽にご参加ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〈がんと運動全国キャラバンの目的〉

1.がんのリハビリテーションの啓発
2.がんになったら安静にしていないといけない・運動をしてはいけないと思いがちな患者への正しい知識の啓発
3.治療中、体力を低下させない方法を知っていただく
4.がんになったからと諦めずに、社会復帰、生活の質の向上など、自分の人生を前向きに考えていただくための方法を知っていただく
5.運動へのイメージ、偏見を変える (日常生活自体が運動になる)
6.運動は楽しく、爽快になれる体験を実際にしていただく
7.進行がん、末期がんのリハビリテーションを知っていただく
8.がんリハビリテーションの診療報酬 要望書の啓発(現在のがんリハビリテーションの保険制度について知っていただく)
9.未病の方には、運動習慣をつけることの大切さを知っていただく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

主催:一般社団法人キャンサーフィットネス

キャンサーフィットネス


106-0032 東京都港区六本木7-21-6
メール:info@cancerfitness.jp

協力:キャンサーフィットネス認定インストラクターMovingWIthMe! 実行委員会

詳細

日付:
5月25日
時間:
10:00 AM - 12:00 PM
サイト:
https://movewithme20240525.peatix.com/view