キャンサーフィットネス認定インストラクターコースについての詳細はこちらから、お進みください。http://cancerfitness.jp/recruitment-instructor/
がんになったからこそ見つけた新たなる可能性にチャレンジしてみませんか!
キャンサーフィットネス認定インストラクターは、がんサバイバーまたは、がん専門の医療者のみに限定しています。
私たちと一緒に、ぜひがん患者さんの体力作りをサポートしてください。

インストラクター養成コースを修了・合格された認定インストラクターの方をご紹介いたします。

2017年度認定(1期生)

名前: nao (まじま なおこ)

プロフィール:
2010年に子宮体がんと診断。
運動は大の苦手でしたが、それ以前からヨガは続けていました。
CFの運動教室に通うことで、運動の重要性を感じ、ヨガのティーチャーズトレーニングを受講。
現在、沖縄、都内でクラスを開催中。
やさしいヨガ、呼吸などを通してQOL〜クオリティ・オブ・ライフ〜 すなわち、生活、いのちの質を向上させ、健やかに過ごせるよう、サポートします。
趣味はガーデニングを通り越した畑仕事、手ぬぐい集め。

がん種:子宮体がん

活動エリア:沖縄、東京

自分の運動教室で心がけていること:
必ず事前に体調のチェックをし、無理のない範囲で運動を楽しんでいただけるようにしています。続けることが大切、と考え、家に帰ってできる運動のヒントを持って帰ってもらうこと、また、リラックスしてほっとできる場所作りを心がけてています。

がんになって運動してよかったこと:
自分のからだを見直し、どのように向き合っていくか、考えるキッカケとなりました。ホットフラッシュで辛い時などは、呼吸などで落ち着かせるようになりました。

これから運動を始めるがん患者へ一言:
がんになってまで運動なんて、と思うかも。でも、運動で得られるのは体の健康だけではありません。心のサポート、人との出会い。あなたはひとりじゃない。力を抜いて、一歩、踏み出してみてください♪

web:
よんな〜よんな〜YOGA & LIFE http://yonna.okinawa

名前: 小山紀枝(のっち)

プロフィール:
乳がんサバイバー(2009年~)、CNJ認定乳がん体験者コーディネーター(BEC)6期
埼玉で乳がん体験者向けのイベントを行うグループ「Cava!(サヴァ)」をBEC同期と運営。
同グループのイベント、乳がん体験者向けのヨガクラス「NYOGA」を2012年から担当し、クラスのたびにパワーをもらっています。
「乳がんになっても楽しいこと探そう!」が合言葉。
がんになったからこそ出会えた人・コト・モノに支えられて、サバイバーライフを満喫中。

趣味:筆ペンで書くこと、ご当地てぬぐいを探すこと、旅

がん種:乳がん

活動エリア:埼玉県内(主に県南地域)・東京都内

自分の運動教室で心がけていること:
安全・安心・笑顔、そしてリラックス&自分が楽しむこと。無理しすぎないように声を掛けることを心がけています。目指しているのは、心がホッとして体がスッキリする「お風呂」のようなクラスです。

がんになって運動してよかったこと:
最高の仲間に出会えたこと!みんなの笑顔とチャレンジ精神に力をもらっています。
術前よりも関節の可動域が広がり、体力もアップ。体が動くと心が動き、笑っている時間がとても増えました。
間違いなく、病気前より元気です。

これから運動を始めるがん患者へ一言:
がんになっても、手術や治療をしていても、「できる」ことってたくさんあるんです!
運動が苦手でも誰かと一緒ならきっと楽しく続けられます。ほんの少し勇気を出して、興味のある運動のはじめの一歩を踏み出しましょう!

web:
Cava!ブログ http://blog.goo.ne.jp/cava2011
NYOGAブログ http://ameblo.jp/nyoga-info/

名前: Mine Murayama

プロフィール:
2000年  フィットネス・エアロビクス インストラクターに。
2001年~ 運動教室 スキルハート 指導
2013年秋 がん告知で絶望的になり、すべて辞めてしまう。
2014年~ 皆さんのあたたかい励ましと、病院のがん患者フィットネスの会で素敵なサバイバーの方々と出逢い、新たな人生始まる!
名古屋→東京に通い キャンサーフィットネスで100時間学ぶ。
2015年~ 運動教室 すまいるボディ 主宰
2017年  キャンサーフィトネス認定インストラクターに。

好きなこと:神社仏閣・史跡・美術館巡り、食べること。

がん種:口腔底がんサバイバー(2013年~)

活動エリア:愛知県(名古屋市・近郊)

自分の運動教室で心がけていること:
無理なく 自分のカラダとココロと対話しながら、楽しく効果的なトレーニングを!
みんなで声を出して、笑顔でストレス発散!
脂肪燃焼!筋力・柔軟力UP!

がんになって運動してよかったこと:
前向きでキラキラ☆パワフルな仲間と楽しくカラダを動かしたら、ココロまで楽しく動いた!
筋力・体力が戻り勇気が出た!夢と希望が湧いてきた!
みんなとの運動で、安心できて今、生きているというよろこびを体感できた!

これから運動を始めるがん患者へ一言:
私は、退院後じっとして、マイナスなことばかり考えていました。もったいないことでした。今を楽しく生きる、サバイバーには、気力・体力・仲間・目標が必要です!
マイナスをプラスに変えてやれることから少しずつ一緒にやってみましょう♪


2018年度認定(2期生)

名前: ねこ(金子美紀)

プロフィール:
:健康運動指導士;貯筋運動コース修了、認知機能低下予防コース修了
:JSAボールインストラクター
:日本呼吸ケア・リハビリテーション学会会員

現在、千葉県下5つの市町村で、生活習慣病予防、ロコモ予防、健康体力作り教室にて
指導中

膀胱がん術後3週間、肺がん術後1カ月半で、仕事復帰

趣味:掃除・里山でカフェ探し

がん種:膀胱がん・肺がん

活動エリア:千葉

自分の運動教室で心がけていること:
安全・安心・丁寧、少しでも、心と体が楽になれるように、体力、気力をつけていくための運動内容になるよう心がけています。

がんになって運動してよかったこと:
呼吸により意識が向けられたこと。
術後の体の変化や、心の変化を知ることができたこと。
教室に参加されているサバイバーさんといろいろな面で共有できたこと。
術前、術後とやれる、またやるべき運動を知っていたこと。
それを実践したことで、運動の効果を自分の体で実感できたこと。
指導者自身がサバイバーということで、教室の中でがんを告知された方が、
入院まで運動をして、退院後、自然に教室に戻ってこれる形ができたこと。

これから運動を始めるがん患者へ一言:
何でもいいんです、少しづつ体を動かしてみましょう。
最初は、怖い!やっても大丈夫かしら?もっとだるくなるかな?
痛みがでるかな?などなど不安でいっぱいです。
それでも、一歩踏み出したほうがいいことにたくさん出会えるはず!
さあ一緒に運動始めましょう!

名前: ayumi

プロフィール:
2015年に卵巣がんと診断される。
化学療法の影響で心身ともにダメージを受け、治療中ほとんど横になって過ごす。
そんな中、がん種を問わず参加出来る運動教室と、動くからだやメンタルケアの講座があるキャンサーフィットネスを知り、治療後に参加することを目標にする。
2015年11月に初参加!みなさんの笑顔とパワーに圧倒され、場違いかな?と思いながらも講座の内容が興味深く、通い続けるうちに、その笑顔とパワーは活力になりました。
徐々に気持ちが動き始め、地元にも体を動かして心身スッキリする場が、あったらいいな~との思いから養成講座に進みました。

好きなこと:ゆったりのんびり泳ぐ。体を包み込むような水の感触も好き。

がん種:卵巣がん

活動エリア:愛知県

自分の運動教室で心がけていること:
体と相談しながら、頑張りすぎないように深い呼吸と共に、ほぐして、伸ばして、ちょっと鍛える。
ほんわかした場で、みなさんと一緒に楽しみながら、しなやかな心と体をめざしています。

がんになって運動してよかったこと:
しびれや痛みなどが気にならない時間が持てるので、良い気分転換になります。
もちろん、こわばりも徐々に減って動かしやすくなりました。
できることが増えていくのは、やはり嬉しいです!
体を動かすと心も動き出し、自分が楽になる考え方をしようと思うようになりました。

これから運動を始めるがん患者へ一言:
私は、今の自分の体にとって「ちょうど良い加減」がなかなか分からず、調子が良いと嬉しくて、やり過ぎてしまうことが何度もありました。まずは、もの足りないくらいから、あせりは禁物です。

名前: 林 ひとみ

プロフィール:
私はがんの経験がなく、看護師としてこのコースに臨みました。がんの治療に伴う副作用や後遺症が日常生活に及ぼす影響に目を向け、体と心のケアを実践的に学びたいと考えたからです。
2016年5月:リンパ浮腫ケアセラピスト資格を取得。その際、外からの物理的刺激だけでなく、どの様に「運動」したらよいかの学びも必要だと気づく。
2016年11月:運動に関する学び(LMA/BF、BMC)を開始。
2017年4月:キャンサーフィットネスインストラクターコースに通い、認定資格を取得。
2018年~院内の医療従事者仲間と共に病院におけるキャンサーフィットネスを実践。
2020年4月:病院を離れフリーとなる。
2020年5月:小さながん相談室&フィットネス「まいるすと~ん」設立。

素敵な出逢いと皆様の愛❤に心から感謝!です。

資格:がん看護専門看護師、Moving For Life(NY)インストラクター、Dr.VodderMLD/CDTセラピスト、居宅介護支援専門員

活動エリア:主に岐阜県

自分の運動教室で心がけていること:
自宅でのセルフケアに関する疑問やご不安へのサポート、がんや療養に関する全般的なご相談対応に努めています。おひとり おひとりの個性を大切に、「体もこころも癒された」と感じていただけると幸いです。

これから運動を始めるがん患者へ一言:
「運動」は自分自身で行う体とこころのメンテナンスです。ただ座っているだけでも、それは「運動」の一つです。ご自身に必要な「運動」について、一緒に考え、実践してみませんか?

名前: Jun(山田 純)

プロフィール:
長崎市出身、諫早市在住 1970年生まれ
大学病院で看護師を経験後、
2009年 ルーシーダットン教室を諫早市で開講。
2011年 卵巣がんで手術
2014年6月 がん患者限定レッスン&シェア会(諫早クラス)開講
2017年3月 がん患者限定レッスン&シェア会(大村クラス)開講

趣味:季節を感じられるお出かけ 家を整えること

がん種:卵巣がん(2011年)

活動エリア:長崎

自分の運動教室で心がけていること:
無理がない範囲で、安全に楽しんでレッスンを行うこと。
動きとともに「呼吸」を意識し、細部にわたり身体に問いかけるようなレッスンを心掛けています。
終わった後に、「眠くなった」「気持ちよかった」とのお声をいただいています。
それとともに、メンバーさん同士の交流を大切にしています。
ここに来るとホッとできる、そんな空間を目指しています。

がんになって運動してよかったこと:
がんになって運動をしよう、と思ったことで、多くの方と知り合いました。
その方たちの刺激で、さらに自分も前に進めたと感じています。
なにより、身体を動かすと笑顔も出るし、元気が出ます。

これから運動を始めるがん患者へ一言:
がんになって、最初の一歩を踏み出すことがなかなかできない方のきっかけの場になればと思い、この場を設けました。
ひとつ始めることができたら、歯車が回りだして、あとは自分の力でどんどん広げていくことができるようになります。
是非それを感じてもらいたいです。
そのための一歩に、私のゆる~いヨガはお勧めですよ(^^)

web:
Jrusie ルーシーダットン諫早教室/がん患者限定レッスン https://www.rusiedutton.jp/cancer-survivor/


2019年度認定(3期生)

名前: Meg(羽柴 恵)

プロフィール:
常に何らかの運動を続けていた学生時代。
社会人になってスポーツクラブに入会し、エアロビクスにハマる。
駅伝に誘われたことをきっかけにマラソンを始め、2002年12月 ホノルルで初フルマラソン完走。
2013年4月、乳がんの告知を受け、右乳房温存手術→抗がん剤→分子標的薬→放射線→ホルモン治療とフル治療を体験。
抗がん剤治療後は、副作用で足が浮腫んだり、しびれがあったり、倦怠感等で、運動することが怖く、術後約1年半は運動から遠ざかってしまう。
2014年秋、キャンサーフィットネスで運動を再開。がんになっても運動できることが嬉しく、再度フルマラソンに挑戦することを決意。
2016年10月 大阪マラソン完走
2018, 2019年3月 名古屋ウィメンズマラソン完走

運動の楽しさを皆さんに伝えたいと思い、2019年春、キャンサーフィットネス認定インストラクターの資格を取得

好きなこと:マラソン、チアダンス、エアロビクス、登山、食べること

がん種:乳がん(2013年)

活動エリア:東京、神奈川、埼玉

自分の運動教室で心がけていること:
皆さんが楽しく、安全に運動できるように。

がんになって運動してよかったこと:
もうフルマラソンなんてできないと諦めていたけど、また走れるぐらい体力もつき、楽しく運動を続けられたこと。そして、たくさんの仲間と出会えたこと。

これから運動を始めるがん患者へ一言:
治療中や治療後は辛いこともあると思いますが、運動することで副作用が軽減されたり、体力がアップしたり。そして何より、仲間と楽しい時間を過ごすことで、QOLがアップします。
出来ないだろうと諦めていたことも、できるかも‼️
さあ、一緒に楽しく運動しませんか。

名前: 羽奈 (hana)

プロフィール:
2015年12月に卵巣の開腹手術。翌年1月初めに卵巣腫瘍と確定診断。同1月中旬、術後1ヶ月半でキャンサーフィッドネスに初参加。そこからほぼ毎月ヘルスアカデミー、運動講座を受講。がんになる前は運動習慣ゼロ。キャンサーフィットネスの講座を通じて 運動の重要性、運動が心身にどう影響するのかを実技と座学から学んでいます。今も勉強中。

好きなこと:チアダンス、仲間との時間を楽しむ。美味しいもの。舞台鑑賞・美術鑑賞・読書・ライブ。手ぬぐい好きになって20年超え。

がん種:卵巣腫瘍

活動エリア:東京近郊

自分の運動教室で心がけたいこと:
運動習慣がない方でもそれぞれが出来る範囲で出来る部分を少しでも動かしていくことで心も体も軽くなるような クラスを目指したいです。

がんになって運動してよかったこと:
開腹手術で腹部の痛みが数か月続きました。運動をすることで痛みの軽減と復調を実感しました。不安な気持ちも含めた心の辛さは仲間と一緒に身体を動かすことで軽減し、笑いながら身体を動かせるようになりました。運動を楽しみながら、多くの仲間に出逢え、今の私があります。

これから運動を始めるがん患者へ一言:
運動出来る範囲、出来る部位から少しずつ動かしていくことで血流がめぐり、身体も心も温かくなってくると思います。その先に、楽しく身体を動かす時間と運動する仲間が待っています。

名前: さかいや ちえこ(ちーちゃん)

プロフィール:
1958年生まれ
50歳の時に乳がんに、手術、抗がん剤、ホルモン療法を経験。
CNJ認定乳がん体験者コーディネーター8期生。
罹患後5年、乳房を全摘出した右側をできるだけ使わないように生活をしていました。ある日、右肩、右手首の可動域が狭くなっていることに気づき、生活に支障がでるようになりました。
がん患者でも通えるスポーツジムを探している時、がんの友達からキャンサーフィットネスを教えてもらいました。
キャンサーフィットネス に出会って心身ともに元気になりました。

好きなこと:大笑いすること・チアダンス (ピンキースマイル)・夏に行く南の島旅行・シンガーソングライターダイスケくんのライブ

がん種:両側乳がん(右側乳房全摘出・左側乳房温存)

活動エリア:東京、神奈川
病院、自治体のがんサロンや患者会、様々ながん患者支援団体。

自分の運動教室で心がけていること:
ニコニコ笑顔、明るく、温かく、優しい雰囲気で笑い声があふれる教室。
「できる」とか「できない」とかではなく、緊張せず楽な気持ちでご参加いただけ、「楽しかった!」って思ってもらえることが一番です。

がんになって運動してよかったこと:
信頼できる仲間に出会えたこと。がんになって心からやりたいことが見つかりました。
がんになるまでの私は運動経験ゼロ、運動が苦手で自信がありませんでした。 自信がなくても苦手でも 仲間が一緒なら 、楽しく、なんでもチャレンジできるんです。
フルマラソン完走(56歳)富士山登頂(59歳)
還暦過ぎてチアダンス大会参加している自分が信じられません。
がんになる前よりも体力があり元気です。

これから運動を始めるがん患者へ一言:
がんになっても何でも出来るんです。出来ないことなんてありません。
運動は体を元気にするだけじゃなくて、気持ちも明るくなります。
みんなで笑いながら!楽しく運動しましょう!